妊娠初期に寒気を感じたら、不安を抱く女性は多いのではないでしょうか。

自分の病気を疑ったり、流産するのではないかと心配することもあるでしょう。

不安を解消するためには、妊娠初期に寒気を感じる原因やその対処法を知ることが大切です。

ここでは寒気を感じる原因と対処法をご紹介していきますので、是非参考にしてください。

妊娠初期に寒気を感じる原因

妊娠初期に寒気を感じることがありますが、妊娠初期の場合はそもそも妊娠自体に気づいていない人もいます。

鼻水が出たり体温が高くなることで風邪や病気を疑い、病院を受診する人もいるでしょう。

妊娠に気づいている場合は寒気がすることで、流産するのではないかと不安になることも少なくありません。

妊娠初期の寒気の原因はいくつかあります。

原因の1つが、妊娠により高温期が続くことです。

排卵すると基礎体温が上がり、高温期に入ります。

生理がくると基礎体温が下がるのですが、妊娠している場合は高温期が継続します。

そのため、体温が高いことで外の気温との温度差を感じることが多く、寒気を感じやすくなります。

外出時に寒気を感じる人が多いです。

つわりの影響で寒気を感じることもあります。

妊娠初期につわりに苦しむ女性はたくさんおり、吐き気に襲われたり、吐き戻しを繰り返す人もいます。

ご飯の炊ける匂いを嗅ぐだけで吐き気をもよおしたり、食べ物を口にした瞬間に吐いてしまうこともあります。

吐き戻すことで体力を奪われてしまい、寒気を感じたり、食事によるカロリー摂取ができず、寒気を感じやすくなるのです。

貧血による寒気も考えられ、妊娠するとお腹の赤ちゃんに血液を通じて栄養を送ります。

そのため、体内の血液が薄まり、貧血を起こしやすくなります。

その結果、寒気を感じる場合があります。

 妊娠初期に寒気を感じるときの対処法

寒気を感じるときは、身体を冷やさないようにすることが大切です。

室内にいる場合でも靴下を履いたり、上着を羽織ると良いでしょう。

外出時には重ね着をしたり、厚手の服を着るのもおすすめです。

冬場は手袋やマフラーをつけ、カイロを持参するなどし、できるだけ体温が奪われないように工夫することが必要です。

夏場は暑さ対策にエアコンを使用する際は扇風機を上手く利用し、温度を下げすぎないよう心がけましょう。

エアコンの効いた室内ではストールを巻いたり、ひざ掛けを足元にかけるのもおすすめです。

冷たい飲み物や食べ物をなるべく控えるように心がけることも大切です。

飲み物を飲む場合は氷を入れないようにしたり、温めてから飲むようにしましょう。

食事で味噌汁や温かいスープを積極的に取り入れるようにするのもおすすめです。

アイスやかき氷など身体を冷やす食べ物は妊娠中はできるだけ避けましょう。

運動で身体を温めるのも有効です。

ウォーキングしたり、体操をすることで血行も良くなります。

運動不足を解消することもできてまさに一石二鳥です。

お風呂で身体をあたためるのも効果的です。

ゆっくりと時間をかけて温めることで、身体を芯から温めることができます。

疲れた体をほぐし、のんびりお湯につかることでリラックスすることもできるでしょう。

 寒気と流産の関係性

流産の兆候で寒気を感じるのではないか、と不安になる女性は多いです。

しかし、寒気が流産につながるという医学的な根拠は見つかっていません。

寒気が続き、どうしても心配な場合は医師に相談してみると良いでしょう。

寒気の原因を知り、対策をしよう

妊娠初期に寒気を感じる原因や対処法を知ることで、妊娠中の不安を和らげることができます。

寒気を感じた時は身体をできるだけ冷やさないよう、工夫するようにしましょう。

外出時にはストールやひざ掛けを持ち歩く方法もあります。

先輩ママから妊娠初期の寒気対策を聞くのも良いでしょう。

役立つ情報を得られることも多いです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です