「妊娠中でも飛行機に乗れるの?」旅行が好きな妊婦さんや里帰りの予定がある妊婦さんは気になりますよね。

結論から言うと、経過が順調であれば妊娠中に飛行機に乗ることは可能です。

ただし、診断書が必要になる時期など注意点があります。自分自身や赤ちゃんへの影響も心配ですよね。

今回は妊娠中の飛行機搭乗での注意点や体への影響についてまとめてみました。

妊娠初期に飛行機に乗ることは避けた方が無難

経過が順調であれば妊娠中に飛行機に乗ることは可能ですが、いつでも制限なく乗れるわけではありません。

陣痛が起こっては大変ですので、出産予定日28日以内の方は医師の診断書が必要となります。

それ以外の方には特に制限は設けられていません。

制限がないといっても妊娠中の体はデリケートです。体調が悪い場合は絶対に無理をしないようにしましょう。

また、妊娠初期に関してはつわりや出血などが起こりやすい時期ですから、飛行機での移動はおすすめできません。

なるべく避けた方が無難です。

妊婦さんの飛行機搭乗は安定期の妊娠16週0日~27週6日であれば、比較的負担が少ないと考えられます。

旅行や里帰りの予定がある方はこの期間を目安に考えると良いでしょう。ただし、安定期だからと言って油断は禁物です。

体調を一番に考え、どの週数の方にも共通で言える事ですが、妊娠中に飛行機に乗る場合は必ず事前に医師に相談し、許可を取ってから乗るようにしましょう。

どうしても飛行機に乗る場合に気を付けたいこと

妊娠中に飛行機に乗る場合は体に負担がかからないようゆったりした服装にし、こまめに水分補給を行うようにしましょう。

妊娠中はトイレが近いことから飛行機内では水分を控えようとする方もいらっしゃいますが、飛行機内は乾燥しているため脱水症状が起こりやすい環境です。

席を通路側やトイレに近い席を取るようにして対応しましょう。

妊娠中は体調が変化しやすいという事もありますので、通路側やトイレに近い席がおすすめです。

持ち物については必ず母子手帳と健康保険証を携帯します。妊娠初期の方はつわりなどに備え、エチケット袋も用意しておくと良いでしょう。

おりものの量が増えている方や妊娠後期の方はナプキンの用意も忘れないようにすると安心です。

また、万が一に備え妊娠中だとわかりやすいようにマタニティーマークもつけておくのがおすすめです。

放射線やX線の影響はあるの?

妊婦さんにとって、搭乗中の放射線や手荷物検査のX線検査は気になりますよね。

飛行機搭乗中の放射線量は微量で、体への影響は心配がないレベルだと言われています。

X線検査についてもごく微量で、胎児への影響はないとされています。

手荷物検査については空港の係の方に相談すると身体検査で対応してくれることもあるようですから、心配な場合は検査の前に声をかけてみましょう。

機内で心がけること

妊婦さんは出産に向けて血液が固まりやすくなるため血栓ができやすく、エコノミー症候群になりやすいと言われています。

エコノミー症候群はちょっとした工夫で発症するリスクを下げることができますので、実際に飛行機に乗る方は対策を実践しましょう。

機内ではトイレに行くなど少し動くようにします。機内で動ける時間は決まっていますので、逃さないように注意しましょう。

席ではこまめに水分補給をし、足の運動をしたりふくらはぎのマッサージを行ってエコノミー症候群の予防に努めましょう。

脂っこいものやカフェイン入りの飲み物、炭酸飲料なども血栓ができるリスクを高めます。

搭乗中はもちろん、搭乗前から摂取を控えるように心がけましょう。

おわりに

このように、妊娠中は経過が順調であれば飛行機に乗ることは可能です。

ただし、飛行機に乗るのに適さない時期や妊婦さん特有の注意点がありますので、搭乗する場合はしっかり対策をしましょう。

そして、何より大事なのはかかりつけの医師に相談することです。

飛行機に乗る予定がある妊婦さんは勝手な自己判断はせず、必ず医師に相談し判断を仰ぐようにしましょう。

また、飛行機に限らず、妊娠初期はお腹の赤ちゃんの様子が気になりますよね。特に障害を持って生まれてこないかどうか。

最近は新型出生前診断( NIPTといいます)を受ける妊婦さんが増えています。

定期検査や体調管理だけでも大変な時期なのに加えて、気持ちの面で不安を抱えたまま過ごすことはツライ部分がありますよね。

しかし、今は科学が発達しているので、出生前に赤ちゃんの状態を知ることが可能です。

引用:平石クリニック出生前診断(NIPT)の口コミ情報、検査を受けるメリットとは?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です